目標を達成「する人」と「しない人」の違いとは?

目標を持っている人って多いと思うんですが、達成する人としない人が分かれる気がするんですよね。

サラリーマンでも学生でも、バイトリーダーでも、アスリートでも、経営者でも誰でも目標はあると思います💡

でも、その目標を達成することができる人って一部だと思うんですよ。

つまり、ほとんどの人は目標達成することができないんですね。

では、目標を達成する人としない人の違いって何なんですかね?

そこで、今回は目標を達成する人の条件について紹介していきたいと思います。

この記事は次のような人におすすめです👇

  • 目標を立てても上手くいかない人
  • 目標を達成する条件を知りたい人
  • 目標を立てたものの何から始めていいかわからない人

圧倒的な努力の量

まず言えるのがこれですよね。

目標を達成するために100%の力で頑張っていますか?

この質問に、自信を持って「YES」と答える人って、そんなに多くない気がするんですよね💧

目標を立てるもののの、行動が継続しなかったり、行動の量が足りなかったりする人がほとんどだと思います。

一方、常に目標を達成することのできる人は違います。

一度立てた目標を達成するまで、行動し続け、常人とは桁違いの量をこなすんです🔥

わたしの友人にどんな目標もクリアし続けた人がいるので、どれくらいの行動量を行ったか紹介したいと思います。

その友人は東京大学を首席で卒業して、今はフリーランスのロボティクスエンジニアをしながら世界中を歩いています💻

その人は大学時代まで建築学を行っていましたが、ロボット工学の開発に興味を持ち、将来的には自発的に動くロボットの開発を行いたいと思ってたらしいんですよね。

ただ、その時には大学卒業間近で、就職先が決まっていたんです。

しかし、その人は就職先を辞退して、そこから1年間勉強してMIT(マサチューセッツ工科大学)に入学したんです。

理系の人ならわかると思いますが、これってかなり無謀だと思うんですよね。

専門外の分野の勉強を1年行っただけで、世界最高峰の大学院に入学するなんて普通無理だと思うんですよね。

でも、その人に後から聞いたら勉強量が異常でした。1日20時間くらいでしょうか。それこそ、睡眠時間以外は全て勉強漬けでした。

でも、目標を達成する!という覚悟があれば、ある程度のことはできると証明してくれました✨

目標を達成すると言っておきながら中途半端な行動量しか行うことができない人って、意外と多いんですよ。

しかし、そういう人って「効率が大切でしょ!」とか「自頭の問題でしょ!」とか言うんですよ。

もちろん、効率や自頭の良さも目標達成には大切だと思います。

でも、目標を達成する人の多くは圧倒的な「量」をこなしているんですよね。

目標を達成する人は努力のハードルが高く、たくさん行動してるんです💪

関連記事:人生を変えたいなら行動あるのみ。

円滑なコミュニケーション

これも常に目標達成する人だったら持ってますよね。

仕事をすると思いますが、どんな目標も一人では達成できないんですよね⚡

「一人で達成できるよ」と思っていても、バックヤードで支えてくれてる上司やスタッフさんがいるからこそ、仕事ってできるんですよね。

そんな時、円滑なコミュニケーションが行えない人だったらどうなりますか?

「こんな人を支えるのは無理!」、「一緒に仕事なんてできない!」ってなりますよね。

職場で活躍しているお偉いさんだって、若い頃は上司やスタッフさんに対して丁寧に接してきたから偉くなったんですよね。きっと。

昔は下っ端だった人がいつの間にか課長、部長という肩書きが付いてきます。

そういう時には円滑なコミュニケーションができる人を抜擢するはずですよね🗣

だからこそ、目標を達成したいのであれば、コミュニケーション能力を磨きましょう。

関連記事:人と会うのが苦痛、という人にはランチの約束がおすすめだ

度が過ぎるほどの負けず嫌い

これも目標を達成する人としない人の違いと言えると思います。

最近、負けず嫌いな人って、びっくりするほど減った気がしますよね。すぐ負けを認めて、穏便に済ます人ばかりだと思うんです。

「負けたくない!」という気持ちは目標に向かって走るエネルギーを持っているんです✨

何かしらスポーツをしていた人ならわかると思うんですが、試合で負けたりしたら、次は絶対負けたくないと思うじゃないですか。そして、必死に練習しますよね。

だから、負けず嫌いの方が目標を達成する力はあると思うんですよね。しかも度が過ぎるほどの負けず嫌いなら、さらに強い力があるはずです。

最近の世の中は平等が大切になってきていますが、「負けたくない!」という強い思いから努力するのも大切だと思うんですよね💡

ナンバー1よりオンリー1とか思ってませんか?負けず嫌いはダサいなんて思ってませんか?

そんなの一概には言えません。

オリンピック選手を見てください。みんな、オンリー1よりナンバー1を目指してるし、負けず嫌いを絵に描いたような人だと思います。

目標を達成する人って度が過ぎるくらい負けず嫌いな人ばかりです。

もちろん、負けず嫌いにもデメリットはあります。

でも、目標を達成する人としない人の一つの指標だと思うんです😊

関連記事:不安な気持ちはきっと大きな力になる