病院が嫌いな人がすんなり検査に行く方法とは?

病院が嫌いな人って意外と多いんですよね。

わたしも同じで病院が嫌いで風邪を引いた時に、行かない場合も多々ありました。

しかし、周りの家族からしたら「早く病院に行って欲しいんだけど…」と思っていることでしょう。

最近、その病院嫌いが直ったこともあり、その秘訣を伝えていきたいと思います

この記事は次のような人におすすめです👇

  • 病院に行くのが嫌いだけど行かざるを得ない人
  • 家族に病院に行って欲しい人

将来の事を話し合う

病院に行くのはたいていの場合、身体に問題があるときだと思います。

そのため、病院に行くのを放置したらどうなるのか想像した上で将来のことを話すのがおすすめです⭐

わたしの場合、髪がどんどん薄くなっていたときに放置していたんですが、彼女から髪が薄くなり続けたら周りから罵倒されるから早く治療するよう言われました

彼女

彼女
これ以上、ハゲたら仕事にも影響出ると思うよ…(汗)

他人から言われると結構傷つくもので、わたしはこの言葉をきっかけに、AGA(男性型脱毛症)治療専門の病院に通うようになりました✨

同じようなことをきっかけにフラれた友人もいます(笑)

関連記事:彼氏がハゲてしまったら冷める?|薄毛の彼を持つ彼女との議論の末…

病院に通っていさえすれば、病状は治すことが可能。他にも進行を抑えたり、停止することも可能なのに…

そして、病気が進行した時に迷惑を受けるのは自分だけじゃないのに…

病院に行くのが嫌いな人は、そのことがわかってないんですよね💭

病気が進行した時に不自由だと感じる頃には、自分だけで解決できる問題ではないんです。

たいていの場合、他人、特に家族全体の問題まで大きくなっているんですよね。

病気を放置していたら、家族全員の負担となって迷惑をかけるわけなので、放置は絶対ダメなんです🙅‍♂️

病院に行かないことによる迷惑の大きさ、そして未来をどのくらい暗くするのか、を想像できるようにしっかり議論するのが一番効果的です。

そうすると、目的意識が身に付いて、病院嫌いが直るんですよね🌟

雰囲気の良い病院を見つける

そして次に相性の良い病院を見つけるのが大切です。

病院嫌いは過去に相性が悪い病院に通ってた場合が多いんです💔

例えば、

  • お医者さんや看護師さんが高圧的でかなり痛い治療をされた
  • 病院の中で風邪やインフルエンザをうつされた
  • 待ち時間が長く、良いイメージがない

といった感じです。

そのため、病院嫌いを治すためには、病院に対するイメージを良い方向にシフトすることが大切です。

そのためには、相性が良いと感じる病院に通うのが大事なんですよね。

周りの人(家族や友人など)は、「この病院、良さそう!」と思う病院があると、病院嫌いの人に紹介してあげるのが良いと思います👍

多くの人が良いと感じる病院の特徴としては

  • お医者さんや看護師さんの対応が丁寧
  • 待合室や診察室が清潔感に満ちている
  • 待ち時間が短い、治療がすぐ終わる

といった感じです。

わたしも今まで、いろいろな病院に通院してきましたが、病院を変えると雰囲気も変わるものです。

雰囲気が良い病院に通っていれば、病院嫌いも少しは直ると思います。

少なくても病院に行くのが嫌いな原因が解消されていれば、病院に行く勇気が出る気がしますよね✨

相性の良い病院に行くことが病院嫌いを治す一つの手だと思います。

重大な病気が発見されるのは早い方がいい

病院に行かないのを放置していると、大きく重い病気になって自分の身に降りかかってくる可能性が上がります💧

振り返ってみると「ちゃんと病院で薬を処方してもらえれば…」と後悔してしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

あとで後悔しないようになるには病院には定期的に通院するようにすべきなんです🏣

そこまで進行していない時に病気を見つけることができれば、治療をすることで元通りになるのに、病院嫌いのイメージが先行して病院に行かなかったせいで、同じ治療でも高額になったり、手遅れになる場合もあります。

病院嫌いの人は、致命的な病気が発見される頃には進行が進んでいて、どうしようもなくなっていることが多いんですよね。

自分の体がおかしいと感じなくても、頻繁に病院に通うことで、健康をキープできます💡

健康をキープすることは、大変ですし、何かを得られるというわけでもありません。

でも、病気になると健康のありがたみを理解できるようになるんですよね。

特に異変がなく通常通り生きていける、健康のまま生き続けることができるのが、実はかなり重要なんです。

年を取れば取るほど、普通に暮らすのって難しくなります。

わたしがよく感じるのは、年齢を重ねれば重ねるほど、生活習慣病になりやすくなりますし、髪が薄くなったりします💦

実際、社会人になってからは20代なのに糖尿病の薬を毎日飲んでいる人、わたしのようにAGA治療を受けている人も結構な割合で見かけます。

関連記事:20代ハゲの割合|「みんなハゲで悩んでるの?」の回答とは?

大事なのは、健康を維持し続けるために、病院に通い続けること。

仮に病気が見つかっても、早く治療するほど治る可能性が高いので、病院に行って病気が見つかることは悪いことではありません。

病気を早期に発見できるということですしね。

この記事が参考になれば嬉しいです😊

関連記事:【経験者が語る】AGA治療クリニックの初診時の持ち物と費用について