【本音】AGA治療薬を飲むと体臭がキツくなる?

今回は、AGA治療薬の服用と体臭の関係性について説明していきます

AGA治療で定番のミノキシジルやフィナステリドなどの薬は副作用があると言われますが、体から発するニオイにも影響があるのか、わたしの体験談をもとにお話していこうと思います。

この記事は次のような人にオススメです🌟

  • AGA治療スタートしようと思ってる人
  • 現在AGA治療薬を飲んでいる人
  • AGA治療のリスクを調べてる人

AGA治療薬を飲むと体臭がキツくなる!?

AGA治療で定番の薬を飲んでも、体臭がキツくなることはありません。

大手のクリニックである「AGAスキンクリニック」、「湘南美容クリニック」で質問しましたが、どこも同じ回答が返ってきます。

AGA治療薬であるプロペシアやフィナステリドは、男性ホルモンを抑制する効果があり、「体臭に影響があるのでは…?」と思う人が多いのですが、そんなことはないのでご安心ください😊

実際に薬の副作用一覧表を見ても体臭に関する項目はありません。

なお、わたしは10年近く薬(ミノキシジル+フィナステリド)を服用していますが、体臭で気になることはありませんでした🦁⭐

気になるようであれば病院・クリニックに行くべし!

AGA治療薬を飲んで体臭がキツくてたまらない時には、病院・クリニックに行くべきです。

病院・クリニックでは薬の処方に関する診察、検査が充実しているので、些細な悩みでも対応してくれます。

副作用が発生した際にも診察、検査をすれば対処法がわかります。

診察、検査が充実している病院・クリニック

診察、検査が充実している病院・クリニックの特徴について紹介します✏

まず、診察の際に頭皮マイクロスコープを採用していること。

頭皮マイクロスコープは、頭皮をズームしてみることができ、毛根から映えている毛の本数を数えることができます。そのため、毛根の状態を客観的に見れる効果があり、どの治療薬を使えばいいのか、どんな副作用が出ているのかがわかります。

わたしの場合、薬を飲んで「なんとなく頭皮がかゆいし、カサカサする気がする…」と思っていた時には、頭皮マイクロスコープで頭皮の状態を確認しています😊

そして、血液検査があることも診察、検査が充実している病院・クリニックの特徴の一つです。

AGA治療薬は血圧や肝臓の状態が悪いと飲めない場合があります。そのため、処方の際には血液検査で血圧や肝臓の状態を見てから薬の処方をする病院・クリニックが増えています。

頭皮マイクロスコープ、血液検査は以下のクリニックで扱っています🏥

診察、検査の料金が無料なのは「AGAスキンクリニック」、全国で最も多く展開しているのは「湘南美容クリニック」となります。

どちらも毛髪専門医が診察、検査を行うので、自分ではわからないような毛根の状態や副作用をチェックしてもらえます。

また、LINEで予約することができるのも素敵なところです📱

わたしは現在、AGAスキンクリニックに通院していますが、頭皮に関する困りごとだけでなく、食習慣や精神的な悩みまで相談しています。

もちろん体臭に関する質問もできるので、診察、検査がしっかりしている病院・クリニックを選ぶのであれば上記から選んでみてくださいね😊

AGA治療薬は正しく服用すれば効果は出る!

AGA治療で定番の薬を飲んでも、体臭がキツくなることはありません💡

「薬を飲むと男性ホルモンの影響で臭くなるのでは…?」と思う人も多いようですが、そこまで不安にならなくて大丈夫なので、安心して服用し続けてみてくださいね

AGA治療薬は毎日飲み続ければ、3ヶ月〜6ヶ月で効果が出てきます。逆にAGA治療薬は一度やめてしまうとその効果は落ちてしまいます。

そのため、継続して飲み続けることを意識してくださいね。

今回の記事が参考になれば幸いです😊

関連記事:AGA治療とは?発毛サロンとの違い、メリット・デメリットについて