湯シャンは効果なし?【研究者が語る】お湯だけじゃ美髪は作れない…

最近、髪の毛を洗う時にシャンプーを使わない「湯シャン」が話題になっていますが、「湯シャンは効果なし!」と言われることがあることをご存知でしょうか?

湯シャンの効果は実は医学的にも、口コミを見ても賛否両論あります。

そこで今回、「湯シャンは効果なし!」と言われるのは本当なのか?それとも嘘なのか?調べてみました。

フサフサライオン

フサフサライオン
過去2年間湯シャン実施していた自身の経験をもとに湯シャンの効果の真相について、まとめていくぞ!

湯シャンを始めようと思ってるけど効果が気になる人はぜひ見てみてくださいね。

「湯シャンが効果なし!」と言われるのはホント?ウソ?

「湯シャンは効果なし!」と言われることがありますがその真相をはっきり言うと…

「湯シャンが効果なし!」と言われるのも「湯シャンが効果あり!」と言われるのも正解です!!

もう少し詳しく説明すると湯シャンが効果が出るとは100%言えないため、「湯シャンで効果なし!」と言われる人がいてもしょうがないということ。

残念ながらこれは、あらゆる分野の商品でも、方法でも同じことが言えます。あの有名なラ●ザップですら100%すべての人が結果にコミットするとは言い切っていません。

フサフサライオン

フサフサライオン
湯シャンの効果は誰でも感じるわけではないんだな!

では、「湯シャンは効果なし!」と言ってる人と「湯シャンは効果あり!」と言ってる人は何が違うのでしょうか?

この答えは簡単です。それは湯シャンの知識不足、経験値不足によるものです。

湯シャンで効果なしと言われる人はそもそも湯シャンの効果、そして湯シャンの正しい方法を理解していない場合が多いです。

フサフサライオン

フサフサライオン
湯シャン失敗している人の特徴は適当に実践している場合がほとんど!
正しい知識と経験が成功の秘訣!(キリッ)

湯シャンに期待する効果とは?

ここでは「湯シャンは効果なし!」と訴える人にならないように湯シャンの効果をお伝えします。

湯シャンブームの先駆けになった書籍「湯シャン」!きっかけは「シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった!」に湯シャンの効果が書かれているのでまとめてみました。

湯シャンの効果

  • 髪のツヤが出る
  • 髪の根元(毛根)が強くなり、ボリュームが出る
  • 髪がサラサラしっとりになる
  • 頭のかゆみがなくなり、フケが消える
  • 抜け毛が減る

湯シャンはその名の通り、お湯で頭を洗う行為。シャンプーでは髪のキューティクルを傷める洗浄成分、頭に残ると毛根を傷める有害な洗浄成分を含んでいますが、お湯は有害な成分が含まれておらず、副作用もありません。そのため、湯シャンの効果は髪のツヤ・ハリ・コシがよみがえり、ボリューム感がUPする、と言われています。

実際、上記のような湯シャンの効果を実感している口コミも多く報告されてます。

 湯シャンでは洗浄力が劣り、皮脂を洗い流せない、と不安な人もいるかと思います。

しかし、実はお湯で髪を洗っても、シャンプーと同様、髪や頭皮にこびりつく汚れを洗い流すことはできます。ただし、シャンプーの方が洗浄力が強いため、イメージが先行している傾向があり、「湯シャン<シャンプー」という構図を思い浮かべる人が多いわけです。

フサフサライオン

フサフサライオン
湯シャンは洗浄力弱めだけど決して皮脂を洗い流せないわけではないんだな!
正しい方法を身につければ、シャンプーに近い洗浄力がGETできるぞ!

湯シャンの正しい方法とは?

次に「湯シャンは効果なし!」と訴える人にならないように湯シャンの正しい方法を説明していきたいと思います。…と言っても基本はシャンプーをする時と洗い方は同じです。

湯シャンを実施する時に気をつけて欲しいのは次の3つのステップです。

ステップ1:洗髪前に、頭のホコリやゴミを取り除く!

洗髪前に、頭皮や髪についたホコリやゴミをヘアブラシ、もしくは乾いたタオルで取り除いてください。

頭についたゴミはお湯で濡れると髪にくっつきやすいものがあり、こびりつくことも…そのため、洗髪前のケアは大切です。

管理人のオススメは動物性のやわらかいブラシを使うことです。固いブラシ、プラスチック製のブラシでは割れて、頭皮に刺さったりすることもあります(汗)

フサフサライオン

フサフサライオン
湯シャンの効果を実感したいなら洗髪前が重要!
髪にこびりつく可能性があるゴミは早めに除去するべし!

ステップ2:40度以下のぬるま湯で頭全体を洗う!

洗髪する時には40度以下のぬるま湯で頭全体を洗ってください。

「お湯は熱い方が汚れも落ちるし、いいのでは…?」と思いがちですが、熱いければいいというわけではありません。頭皮の保湿に必要な皮脂を熱いお湯で全て流してしまうことにつながります。また、頭を洗うとお湯の熱さに気を取られて、適当に洗いがち。

そのため、40度以下のぬるま湯で洗髪するようにしてください。

フサフサライオン

フサフサライオン
お湯の温度は熱くなく、冷たくなくがベスト!
お湯の温度に意識し過ぎず、頭全体を丁寧に洗うことに集中するんだ!

ステップ3:洗髪後はタオルで頭皮と髪を押さえ、水分を吸収する!

洗髪を終えたら清潔なタオルで髪をはさみ、押さえるようにして水分を拭き取るようにしてください。

湯シャン後に髪や頭皮を乾かすことは多くの人が実践しているようですがタオルでゴシゴシこすりたくなる気持ちを抑えることが重要です。

実は、髪や頭皮をゴシゴシ拭いても水分は吸収できず、むしろタオルや空気に舞ってるホコリがまとわりつく原因になります。その状態で、ドライヤーで乾かすとシャワーを浴びる前と同様の汚い状態になります。

タオルで頭皮、髪を押さえ、水分を吸収し、ドライヤーで乾かすのがダメージも少なく、濡れている髪にホコリが付く可能性が低いです。

フサフサライオン

フサフサライオン
タオルでゴシゴシすることは百害あって、一利なし!
丁寧に洗髪することは誰でもするけど乾かすのも丁寧にすることが効果が出る秘訣だぞ!

「湯シャンは効果あり!」という人は洗髪する前後にも気を配ってる人が多いようです。最初は慣れないと思いますが「丁寧に」行うことを意識してくださいね。

フサフサライオン

フサフサライオン
慣れないうちは湯シャンするだけで30分以上かかってたけど慣れると15分程度まで短縮できたぞ!

湯シャンは万能の方法ではない!!?湯シャンで効果が期待できない人の特徴

ここまで湯シャンの効果や正しい方法について、説明してきましたが湯シャンは万能の洗髪方法ではありません!

Twitterやブログなどを見ると湯シャンについて、詳しい人、正しい方法で長い期間実践しても効果がでなかった人も少ないながらいるようです。

 特に次のような人は湯シャンはオススメしません。

湯シャンをしても効果が期待できない人

  1. 皮脂の量が多い人
  2. 髪にツヤが欲しい人
  3. 髪をいじりたい人

一つ目は皮脂の量が多すぎる人。湯シャンは残念ながらシャンプーと比べると洗浄力は劣ります。そのため、シャンプーよりも丁寧に、かつ時間をかけて洗う必要があります。しかし、一生懸命、湯シャンをすると地肌を傷つける可能性も上がります。湯シャンをしても効果が出るどころか、炎症を引き起こすことになります。

二つ目は髪にツヤが欲しい人。湯シャンはシャンプーに比べ、髪を傷つけず、水分をキープできますが紫外線や乾燥によって、傷んだ髪をケアすることはできません。そのため、髪が傷みやすい人にはツヤが出やすいシャンプー(シリコン配合しているものなど)をオススメします。

三つ目はヘアスタイリングをする人。髪にワックス、ジェルを付ける人は湯シャンをしても落としきれない可能性があります。落としきれないことで炎症を引き起こすことになります。

フサフサライオン

フサフサライオン
湯シャンは誰でもかれでも効果がある万能の洗髪方法ではないぞ!
向いてない人もいるので注意が必要だぞ!

 

ここまで湯シャンの効果について、説明してきましたがいかがだったでしょうか?

湯シャンは効果なし、と言われることがありますがはっきり言うと人によります。…と言っても湯シャンの効果を知らない人、正しい方法を実践しない人がクレームを投げかけている場合が多いように見えます。

まずは湯シャンの効果、正しい方法を理解して、実践してみてから「効果なし!」と判断してもいいと思います。

↓湯シャンの効果を熱弁している書籍はこちら↓