湯シャンは臭い?どんな対策をすべき?|現役研究者が考察してみた!

突然ですが「湯シャン」という言葉をご存知ですか? 湯シャンは普通のシャンプーと違い、化学成分を全く配合しないお湯だけのシャンプーなため、抜け毛を減らすこともできると人気ですが一方で「湯シャンだとシャンプーするより臭い!湯シャンする時の臭い対策を教えて!」という声も上がってきます。

そこで今回、湯シャンユーザのための臭い対策について、記事をまとめてみました。

フサフサライオン

フサフサライオン
福山雅治や妻夫木聡も実践してたと噂の湯シャン!
とは言え、気になるのは湯シャンのニオイ!
どの程度臭うモノなのか、ニオイ対策について、調べてみたぞ!

湯シャンを始めようと思ってる人や自分では分かりにくい頭のニオイが気になる人はぜひ見てみてくださいね。

湯シャンで気をつけるもの、それは「臭い」!!

最近、流行りの「湯シャン」!巷では「臭い!」と言われますが、実は地肌に優しく、髪のトラブル対策に用いられることで有名です。実際、湯シャンには次の効果があるとされています。

湯シャンの効果

  • 髪のツヤが出る
  • 髪の根元(毛根)が強くなり、ボリュームが出る
  • 髪がサラサラしっとりになる
  • 頭のかゆみがなくなり、フケが消える
  • 抜け毛が減る

一時期、湯シャンブームが来たことでシャンプーが頭に合わない人、薄毛の人はこぞって、湯シャンを実践しました。流行の走りとなったのが次の本!

↓湯シャン流行の走りとなった本はこちら↓

フサフサライオン

フサフサライオン
この本はタイトル、内容ともに衝撃的だった!
この本を読んで、脱・シャンプーを掲げた人が多数出現したのも懐かしい!

管理人もこの本と同じように、湯シャン賛成派です!!

しかし、誰もが湯シャンを実施すべき、かと言うとそれは違います。

実際、湯シャンを実践しても「髪がベトベトする!」、「毛根が強くなる気配がない!」といった声も上がってきます。特に、湯シャンをすると人を不快にさせる頭皮のニオイが止まらない、というクレームがとりわけ多いです。

フサフサライオン

フサフサライオン
残念ながら「湯シャン=万能」と言うわけではなさそうだ!

湯シャンで頭皮の臭いが改善されないのは科学的な理由があります。その理由を語るには頭皮が臭くなるステップを語る必要があります。多くの人がご存知かもしれませんが頭皮が臭くなるのは次のステップが原因です。

頭皮が臭くなるのステップ
汗・皮脂・アカがたまる!

頭皮に住む常在菌によって、分解・酸化する!

分解臭・酸化臭が原因の頭皮の臭い発生!

湯シャンはシャンプーに比べ、洗浄力は劣り、皮脂の量が多い人や洗い方が不十分な人だと汗や皮脂は洗い流せません。さらに、ドライヤーで乾かすのも不十分な人だと皮脂が分解・酸化しやすくなり、頭皮の臭いが強烈になります。

そのため、湯シャンは頭皮の不快な臭いを回避できるとは言い切れません。

そこで、次に湯シャンをする時の3つの臭い対策を紹介します。

フサフサライオン

フサフサライオン
「湯シャン=臭い」というのは時期尚早!
湯シャンのコツさえつかめば、不快な臭いとオサラバできる可能性もあるぞ!

湯シャンをする時の3つの臭い対策とは?

では、湯シャンをしても頭皮の不快な臭いを発しない対策はどのようなものでしょうか?

ここでは、湯シャンを実践する時、忘れてはいけない臭い対策の3つのポイントを紹介します。

湯シャンをする時の3つの臭い対策

  1. 湯の成分を変える
  2. 洗い方を変える
  3. 乾かし方を変える
フサフサライオン

フサフサライオン
この3つのポイント、実は先ほど紹介した頭皮が臭くなる3つのステップ

汗・皮脂・アカがたまる!

頭皮に住む常在菌によって、分解・酸化する!

分解臭・酸化臭が原因の頭皮の臭い発生!

に沿った対策だぞ!

では次に、この3つのポイント、それぞれ詳しく見ていきましょう。

湯シャンのポイント①湯の成分を変える!

「湯シャンで皮脂を洗い流せず、臭くなる」、それなら手っ取り早い対策は「湯の成分を変えること」!

…と言うと、「湯の成分を変えるってことは普通のシャンプーと変わらないじゃないか?」という意見もあるかと思います。

ここでいう湯の成分を変えるというのは洗剤などに含まれる洗浄成分である界面活性剤を含むことない身体に優しい洗浄成分を使うこと。

湯シャンをする中でも最近、注目されているのが炭酸シャンプー

炭酸は、シャンプーのように皮脂に含まれるたんぱく質の汚れを吸着する性質があり、身体にも優しい成分です。

コンビニなどに売ってる市販のものでも問題ありません。500ml一本あれば、十分です。ぜひ頭皮の洗いの際には炭酸水を使ってみてください。

フサフサライオン

フサフサライオン
ただし、炭酸水がいいからと言っても、サイダー水はNGだぞ!
ベッタベッタして、逆効果だぞ!

湯シャンのポイント②洗い方を変える!

「湯シャンで皮脂を洗い流せず、臭くなる」、そんな時に実践したいのが「湯シャンの洗い方を変えること」

湯シャンの洗い方を変える際に重要なのが指の腹で頭皮全体をまんべんなく、洗うこと。

ここでは頭全体をまんべんなく洗う順番を紹介します。

頭皮をまんべんなく洗う順番

  1. まず、指の腹で頭皮全体をもみほぐしてから、指を前髪のはえぎわから頭頂部へ向かって、押すように動かしていきます。
  2. 指の腹を、サイドの生え際から頭頂部へと、押すように動かしていきます。
  3. 親指で首の付け根を押して、残りの4本の指を頭頂部へ動かします。
フサフサライオン

フサフサライオン
上記の洗い方は頭皮マッサージでも使える頭全体をカバーするテクニックだぞ!

湯シャンのポイント③乾かし方を変える!

湯シャンで臭くならない最後のポイントが「乾かし方を変えること」です。

髪の根元が湿ったままでは、皮脂が酸化しやすくなり、臭いの素になります。…とは言え、しっかり乾かしたら髪がパサつき、セットするのが難しくなると言う人もいるでしょう。

そんな時は次の3つのステップに分けて、見てください。

湯シャンの後の髪の乾かし方

  1. 風呂上がりにタオルで頭皮を中心にドライ!(この時点で20%程度乾いています。)
  2. ドライヤーを強風・温風にして、髪の根元を中心にドライ!(この時点で80%程度乾いています。)
  3. 仕上げは冷風で毛先を中心にドライ!(この時点で100%程度乾いています。)

タオルドライ、ドライヤーでのヘアセットは動画を見ながらだとわかりやすいです。

フサフサライオン

フサフサライオン
乾かし方を変えるだけでも雑菌のエサとなる皮脂の状態を臭い状態にせずに済むぞ!

 

…と湯シャンユーザのための臭い対策について色々と説明しましたが、湯シャンでは洗浄力が弱く、上記の手段に慣れるのは時間がかかります。

そのため、湯シャンを今まで以上時間をかけたくない人、簡単に洗い流したい人「シャンプー」を使うことをオススメします。もちろん、シャンプーの種類を見極めて、低刺激なシャンプーを選ぶようにしてくださいね。

CHECK!

 

湯シャンをこれからも続けていく人は頑張って頭皮や髪を洗おうとすると爪で引っ掻いたり、ニキビになったりもしますので、何よりも「丁寧に」今回のステップを実践してみてください。

↓湯シャンを実践したい人は次の本をCHECK!↓