頭皮が臭い時の対策|【朗報】頭のニオイを消臭したい人は〇〇すべき

Aさん

Aさん
毎日シャンプーで洗ってるにも関わらず、頭皮が臭い・・・対策方法教えてよ・・・
Bさん

Bさん
会社の女性から頭皮の臭いがひどいと言われ、噂になってる・・・エレベーターや公共の施設で人の目線が気になるし、どうにかしてー・・・

頭皮が臭いことを対策したいといった相談は当サイトでも多く寄せられます。

そこで今回、頭皮の嫌なニオイを解決する対策をわかりやすくお伝えします。

頭のニオイが気になる人、頭皮から発生するニオイをどうにかしたい、という人はぜひ参考にしてみてください。

頭皮が臭い時の対策を打ち出す前に確認すべきこととは?

Aさん

Aさん
よーし、対策ならとりあえず高いシャンプーを買うぞ!

…と考える人も多いのですが、そうであれば一度踏みとどまって下さい。

頭皮の嫌なニオイは高価格のシャンプーや育毛剤を買ったからといって、必ずしも効果が出るとは限りません。

例えば、頭皮に潤いを与える成分を多く含んだ高価格のシャンプーでは乾燥対策にはもってこいですがニオイに直接効く可能性は限りなく低いですよね。

当たり前ですが頭皮が臭くなっている根本原因に焦点を当て、正しい方向性に沿った対策を実行しないと逆効果になってしまいます。

逆に原因に沿って、対策を実行すれば満足する効果が得られる可能性はグンと上がります。

では早速、頭皮が臭くなる原因を話していきます。

頭皮が臭いと言われるのはズバリ皮脂の「量」「質」です。

皮脂は悪いイメージを抱かれがちですが頭皮を外的な刺激である紫外線や湿気などから守るバリア機能を有しています。

しかし、皮脂は時間の経過と共に酸化し、酸化した皮脂を餌とする皮膚常在菌が集まりだし、その結果、ノネナールという臭気成分がつくられます。

このノネナールこそ、くさい臭いの正体。脂のようなツンとした刺激臭によって、頭皮に嫌な臭いを充満させるのです。

そのため、臭気成分ノネナールを発生させないためには「皮脂の量を減らすこと」「皮脂の性質を変えること」が求められます。

フサフサライオン

フサフサライオン
頭皮のニオイの素は「皮脂」とよく言われるけど「皮脂」は頭皮を守る作用もあるんだ!皮脂のバランスが崩れるとニオイが強烈になるから注意してくれよな!

頭皮が臭い時の対策は何から始めるべきか?

頭皮が臭い原因が皮脂の「量」と「質」にあるとは言え、何から始めていいかわからないですよね。

実は皮脂の「量」と「質」を改善する方法はたくさんあります。

その一例がこちら。

  • ホルモン抑制剤
  • 睡眠によるホルモンバランスの安定
  • 規則正しい食生活
  • 頭皮マッサージ
  • シャンプーの見直し
  • クリニック

などなど

全て実践して欲しいものですが頭皮が臭い人は大抵時間がない人が多いもので、当サイトでも次のような声が多かったです。

Aさん

Aさん
頭のニオイについて、嫁からグチグチ言われるんだけど忙しいからサクッとできる対策教えてよ・・・
Bさん

Bさん
仕事が忙しすぎて、クリニックとか行く時間ないわ・・・頭皮用のデオドラント製品みたいなものはないの・・・?

そんな時に時間がかからずお手軽かつほとんどの人に効果的なのがシャンプーの見直しです。

シャンプーの選定がピッタリはまると普段の生活を変えることなく、頭皮のニオイを解決することができるため、頭皮のニオイが気になる人はシャンプーの見直しから始めてみてください。

フサフサライオン

フサフサライオン
頭皮のニオイで悩みがあっても大抵の人は時間取らないだよな。そんな時は「シャンプーの見直し」から始めてみるといいぞ!

頭皮のニオイを消臭!シャンプーで始める場合の2つのポイントとは?

Bさん

Bさん
頭皮のニオイを解消するシャンプーってどうやって選べばいいの・・・?

こんな悩みが多く寄せられます。

先ほど頭皮の嫌なニオイ、臭気成分ノネナールを発生させないためには「皮脂の量を減らすこと」と「皮脂の質を改善すること」が必要と話しましたが、シャンプーでも同様のことが求められます。

詳細がこちら。

①皮脂の「量」を減らすこと

皮脂の量を直接減らすためには皮脂を毎日洗い流して、頭皮を常に清潔に保つことが大切です。

頭皮環境が悪いと皮脂の分泌量が増え、紫外線や雑菌から守ろうとしますが皮脂の洗い流しが十分でないと雑菌が湧き、その雑菌から頭皮を守ろうと頭皮は多くの皮脂を分泌しようとします。

これが頭皮の皮脂を多くする一因とも言えます。

そのため、シャンプーに求められるのは皮脂を洗い流す高い洗浄力です。

シャンプーの洗浄成分は大きく分けると、石油系、石鹸系、アミノ酸系の天然界面活性剤になります。

石油系シャンプーは洗浄力が強く、皮脂汚れを取り除くものの、髪の毛の成長に必要な角質層も剥ぎ取ってしまい、頭皮の乾燥を引き起こしてニキビができてしまうこともあります。

石鹸系のシャンプーも同じく洗浄力が高く、弱酸性であるお肌と正反対の性質を持つため、あまり肌や髪には良くないとされています。

逆にアミノ酸系のシャンプーはアミノ酸により皮脂を吸着して、取り除くものの、石油系に比べると弱く、頭皮への刺激が低く適度な洗浄力で皮脂を落としすぎないという特徴があります。

石油系や石鹸系は洗浄力については問題ないですが刺激が強過ぎると言われているため、アミノ酸系のシャンプーを選ぶようにしてくださいね。

フサフサライオン

フサフサライオン
皮脂を洗い流すためにはアミノ酸シャンプーがオススメだぞ!

②皮脂の「質」を改善すること

シャンプー選びのもう一つのポイント皮脂を雑菌好みの性質にしないこと。

雑菌は皮脂が酸化したものに寄ってくるため、皮脂を酸化しないようにすること、抗酸化作用が含まれてる成分がポイントとなってきます。

また抗酸化作用では皮脂の酸化は抑制され、雑菌の発生は少なくなりますがそれでも雑菌は少なからず寄ってきてしまうため、殺菌・防虫作用を含んだ成分を含んでいるとなお良いです。

皮脂が酸化するのを抑制する抗酸化作用、そして雑菌・防虫作用を含んだ成分がこちら。

  • カキタンニン
  • 茶カテキン
フサフサライオン

フサフサライオン
雑菌の好みとなる質にならないような成分を含むシャンプーを選ぶことが大切だぞ!

頭皮のニオイを消臭するのに最適なシャンプーとは?

Cさん

Cさん
皮脂の「量」と「質」を改善するシャンプーを教えてよ・・・

…こんな人のために「量」と「質」、2つのポイントを満たすシャンプーを紹介します。

それがこちら。

↓↓↓↓↓

 M3040プレミアムスカルプシャンプー
通常価格6,000円(税別)

このM3040シャンプー、頭皮のニオイに対する評価が高く、口コミ情報が多く寄せられています。

その一部を載せます。

建築業Aさん

建築業Aさん
10代の頃に娘ができ、お風呂に一緒に入っていたのですが最近、一緒に入ってくれず・・・嫁から話を聞くと体や頭が臭いからと言われたため、どうにかしないと、と考えていました。そんな中、頭皮のニオイに効果があると噂のM3040を使ってみることにしました。使ってから加齢臭にも近い頭皮の嫌なニオイが消え、なくなって、ハーブの香りが出るようになりました。娘にも嫌そうな顔をされなくなりました。

大学生Bさん

大学生Bさん
運動していると髪の毛がベットリして、夜のシャンプーが必須でした。しかし、今までのシャンプーでは洗っても泡立ちが微妙でベトベト感も洗い流せませんでした。M3040を使ってみると泡立ちが非常によく、スッキリした感覚で寝ることができています。

評価の高さだけでなく、気になる効果はというと・・・

皮脂の量を洗い流す洗浄力皮脂の質を良好にする成分

詳しく書いていきます。

①皮脂の「量」を減らすこと

M3040シャンプーの成分表を見てみると…

水、コカミドプロピルペタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、オタネにんじん根エキス、センブリエキス、アカヤジオウ根エキス、ヒオウギエキス、グルコシルヘスペリジン、エーデルワイスエキス、セージ葉エキス、ビルベリー葉エキス、ローズマリー葉エキス、ホホバ種子油、ココイルグルタミン酸TEA、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パンテノール、グリチルリチン酸2K、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、カキタンニン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、加水分解コラーゲン、ポリクオタニウム-10、水添レシチン、リゾレシチン、乳酸、乳酸Na、PEG-20ソルビタンココエート、トコフェロール、グリセリン、クエン酸、BG、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、エタノール、香料

この中でもアミノ酸に該当するのは…

  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ラウロイルメチルアニルNa
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ラウロイルメチルアニルNa

です。

アミノ酸配合されていることがわかりますね。

フサフサライオン

フサフサライオン
しっかりとした洗浄力で皮脂を洗い流し、頭皮が臭い時の対策になることがわかるな!

②皮脂の「質」を改善すること

もう一度、M3040シャンプーの成分表を見てみましょう。

水、コカミドプロピルペタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、オタネにんじん根エキス、センブリエキス、アカヤジオウ根エキス、ヒオウギエキス、グルコシルヘスペリジン、エーデルワイスエキス、セージ葉エキス、ビルベリー葉エキス、ローズマリー葉エキス、ホホバ種子油、ココイルグルタミン酸TEA、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パンテノール、グリチルリチン酸2K、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、カキタンニン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、加水分解コラーゲン、ポリクオタニウム-10、水添レシチン、リゾレシチン、乳酸、乳酸Na、PEG-20ソルビタンココエート、トコフェロール、グリセリン、クエン酸、BG、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、エタノール、香料

この中で、皮脂が酸化するのを抑制する抗酸化作用、そして雑菌・防虫作用を含んだ成分が「カキタンニン」です。

カキタンニンは制汗剤やデオドラントに含まれるニオイを抑える成分として知られ、雑菌の発生を抑えることで知られています。

フサフサライオン

フサフサライオン
M3040シャンプーは皮脂の質を良質に保ち、ニオイを抑えるシャンプーなんだ!

頭皮が臭い時の対策、いかがだったでしょうか?

頭のニオイが気になる人、頭皮から発生するニオイをどうにかしたい、という人はぜひ参考にしてみてください。

↓↓↓↓↓